海岸近くに設置するときの注意は?雪の多いところでも設置可能?

海岸近くに設置するときの注意

自然のエネルギーとしてどんどん設置されているのが太陽光発電装置です。新築の住宅に設置されたりするほか、最近は工場の屋根の上や休耕田等に大規模に設置する仕組みなどが見られます。では各家庭の屋根に同じように設置すれば発電ができるかですが、それぞれの地域で条件が異なります。気をつけたいのが海岸近くの住宅に設置するときです。太平洋側なら、南向きに設置すると1日を通して太陽光を受けられます。効率的に発電ができそうです。しかし海岸近くだと塩害の問題があります。単なる水分なら一般の装置でも問題ありませんが、塩分を含んだ水分だと腐食が起きやすくなります。太陽光発電装置にも塩害対策をしたものがあるので、そちらを利用しないといけません。

寒冷地域に設置するときの対策

日本は南北に長い国で、全国において四季があります。冬は寒く夏は暑くなります。ただ、地域によって寒さや暑さに違いがあります。太平洋側は冬に雪はそれほど降りません。一方北海道や東北、日本海側や内陸地域では積雪の多いところがあります。毎年のように積雪対策に苦労しているでしょう。太陽光発電装置を設置するとき、積雪のある寒冷地域に設置するなら雪対策が必要になります。せっかく装置をつけても、その上に雪があれば発電はしてくれません。太陽光があれば冬でも発電はできるので、装置の上に雪が積もらない仕組みを用意しないといけません。融解のための装置などがあり、それによって雪が積もりにくくできます。氷結対策などもしておくと良いでしょう。

太陽光発電の価格はお住まいの市区町村によって変わります。太陽光発電設置によって自治体から出される補助金の額が違うからです。

長州産業の太陽光発電の他の記事
詳細はこちら