複数案件扱えれば売り上げは増える!交渉力も大きな要因になる!!

複数の案件を同時進行できる

新人の営業担当者はそれほど営業能力はありません。何とか商談が見つかれば、とにかくそれを成功できるように努力すればいいでしょう。それ以外に商談を持とうとするとすべてうまくいかなくなる可能性があります。営業代行サービスに依頼をすると、優秀な担当者を派遣してもらえます。営業業務に長けているので、依頼した仕事をどんどんこなしてくれます。商談であれば、一つずつ行うのではなく複数を同時進行させます。スケジュール管理をしっかり行い、どの商談に対しても万全の態勢で対応できるようにしています。同時進行できる能力があるので、商談の成約率も高まります。一件ずつ地道に行っていく人に比べると、販売成績もかなり違ってくるでしょう。

交渉ができる人とできない人

営業マンとして顧客に商品を売り込むとき、まずはその商品の特性などを伝えます。顧客が興味を示せばどんどん商談を進めますが、結局クロージングできない時があります。つまりは商談が不成立に終わる状態です。せっかく顧客が興味を持ってくれたにも関わらず、買おうとの返事がもらえないとなかなか販売成績は上がりません。営業代行で派遣される担当者は、クロージング能力を持っています。最終的にお客さんに買おうといわせるいろいろな交渉のテクニックがあります。最初の提案時からクローズをするときのために行動をしているので、自分に不利になる情報は少なめに、逆に相手の弱い部分の情報を得ておきます。値引きなどに走らなくても、上手く話をまとめられます。

営業代行とは営業活動を外部の会社に委託し、自社のサービスや商品の販売を行うサービスです。契約内容にもよりますが、テレアポや商談・交渉代の代行、営業活動に関するコンサルタントサービスを受けられます。