どのような人柄か分かる?適性検査の特徴とは

適性検査は大きく分けて2種類

適性検査には、性格を見るものと学力を測る形態の2種類があります。性格を重視する適性検査では、いくつかの問題に答える必要があるようです。例えば「仲間内でイニシアチブを取れるか」といった問いに、YESかNOで回答します。このような問題によって、自身の性格や職業に向いているかを知ることができるのです。2種類の適性検査を行う企業も多くなっています。

性格を見る適性検査が重視されるケースとは?

性格を測る適性検査は「新卒採用」に使われるケースが多いです。新卒の場合は、将来的な可能性を重視する傾向にあります。性格をチェックすることで、将来的に成長するかを把握できますし「会社との理念が一致するか」を知ることが可能です。会社の理念に沿う人であれば帰属意識が高まり、長期間の勤務にも期待が持てるでしょう。社風に馴染む人を採用することで、早期退職のリスクも少なくなります。

学力のチェックは難しい?

学力を測る検査には思考力や論理性を見るもの、一般教養などがあります。数学や国語の問題が出る適性検査もあるようです。「学力の適性検査はそれほど難しくない」と言われていますが、適性検査の種類によって大きく異なるでしょう。会社が独自にテストを用意している場合もあるからです。中途採用の場合は学力の適性検査が重視されると言われています。経験やスキルがそのまま、企業側の即戦力に繋がるからです。「どのような問題が出るのか知りたい」という人は、書店にある問題集がおすすめです。予習をして、問題形式に慣れておくとスムーズに回答できます。

県や高校によって、入学試験に適性検査を課すところが増えてきました。これは、学校が求めている人材かどうかを判断するための検査なので、幅広い知識の習得と事前の対策が必要になります。