起業の始め方で大事になるのは人?モノ?カネ?

起業で重要になる要素

起業でよく言われるのが人、モノ、カネという3要素です。起業するときには全てが大事なものですが、特にカネはないと困る要素でしょう。ただし、カネに執着してしまうと、起業が上手くいかなくなる可能性があります。カネだけを追いかけている人を、周りの人は応援しないからです。カネはなければ困るものですが、目的にしてはいけいないものでもあります。この点が分かっていないと、カネだけを求めて起業して、終わってみれば無一文ということもありえます。手段と目的をはき違えてしまうと、そのような結果になることがあるのです。何のために起業するかが重要です。誰かのためになることが目的であると、応援してもらいやすいでしょう。その応援が起業を成功に導く道しるべになるのです。

人を大事にすることが重要

起業するときには人が大事になります。人がいなければ会社が立ち行かないということではありません。取引先、資金を提供してくれる人、応援してくれる人、お客さんなど、色々な人に支えられてビジネスは成り立っているのです。そのことが分かってくると人を大切にするようになります。起業をするまでに出来る限り人と会い、信頼関係を築いておくようにするといいでしょう。会う人から信頼を勝ち得ることができれば、起業後の味方になってくれる人が出てくるからです。他にも出会う人とは誠実に接していると、味方が増える可能性があります。すぐに助けてくれなくても、つらい時に手助けをしてくれる人になる可能性はあるでしょう。

ビジネス展開の1つの形態です。契約者はお店の看板と仕入れ、営業などの業務ノウハウを支援してもらう代わりに、フランチャイズ本部へロイヤリティを支払う仕組みです。