独立をしたときに絶対にやったほうがいい青色申告

独立した人は自分で所得税を計算する必要があります

会社に勤めていますと納めるべき所得税の金額は会社が計算してくれます。しかし、独立をした人は誰も計算してくれる人がいませんから自分で計算しなければいけなくなります。これを確定申告と言いますが、確定申告には2つの方法があります。一つは白色申告であと一つは青白申告です。そして、絶対にお得なのが青色申告です。

確定申告は所得税を計算することですが、当然ながらその計算について証明する必要があります。そうでなければ誰もが適当に好きなように計算してしまいます。証明するものとして日々のお金の出入りを記録したり領収証を保存したりします。白色申告と青色申告ではこのやり方にいくらか違いがあります。その点において青色申告のほうが面倒という側面はありますが、それを差し引いても青色申告のほうがお得です。

青色申告のほうがお得な理由

幾つか面倒がことがありますが、それでもお得な理由は特典があるからです。一番わかりやすい特典は青色申告特別控除です。この特典には2つの方法があり単式簿記の場合は10万円で複式簿記の場合は65万円を所得から差し引くことができます。複式簿記を難しいと思う人がいますが、今の時代は会計ソフトがありますので計算が苦手な人でもそれほど苦労することなく複式簿記を行うことができます。

また、青色専従者という特典も大きなメリットです。これは仕事を手伝っている親族を従業員として給与を支払うことができる制度ですが、合理的な給与を設定することで自分の所得を減らすことができ、それは即ち所得税を低くできることです。このほかにも青色申告にのみ認められた特典がありますので確定申告をする際は青色申告が絶対に有利です。

青色申告とは、複式簿記の書き方に沿って帳簿を書き、そこから所得税や所得、法人税などを計算してから申告を行うことです。