勤怠管理の様々なリスクに対応!利用価値の高いタイムレコーダを見分けるには?

スマホで簡単に操作できるタイムレコーダーもある

大手企業を中心に導入が進んでいるタイムレコーダーアプリは、それぞれの社員がスマホで簡単に出勤時間の打刻や休暇の申請手続きが行えるというメリットがあります。また、機能性に富んだアプリの中には、給与計算や残業管理と連動できるものもあり、様々な業種の企業から注目が集まっています。最近では、勤怠管理の様々なリスクに対応できるタイムレコーダーアプリを求めている企業が少なくありませんが、理想的なアプリを見極めるために、大手のIT起業から提供されている人気のアプリの特徴を早めに把握しておくことが大事です。その他、同業他社に普及しているアプリの種類について積極的にチェックするのも良いでしょう。

クラウドサービスを使った勤怠管理のメリットを知ろう

クラウドサービスを使って勤怠管理を行っている企業の数は年々増加しており、特に従業員数の多いところや、様々な職種の社員が同じ職場で働いているところなどを中心にニーズが高まっています。こうしたサービスは、インターネットが使える環境さえあれば、いつでも出退勤の時間や休暇の取得状況などをリアルタイムで把握できるため、人事や総務の担当者にとって作業の効率化に欠かせないツールとして位置づけられることがあります。また、クラウドサービスの利用料金は、提供元の方針やプランの内容にもよりますが、それほど機能にこだわりが無い場合には、ひと月あたり千円程度で契約を結べることもあります。もしも、勤怠管理のコストの節約や担当者の負担の軽減を目指すにあたっては、余裕を持って各業界で話題のサービスの特徴を理解することが肝心です。

タイムレコーダーは職場の入り口辺りに設置されていて、タイムカードに出勤や退勤した時刻を打ち込む機械です。