職業で考えよう!法人向けパソコンの選び方

法人向けと一般向けの違い

インターネットが普及してから仕事でパソコンを使う機会が増えています。会社などの法人団体でパソコンを導入するときは一般向けモデルではなく、法人向けモデルを採用することがあります。一般向けモデルには様々なソフトウェアが付属しますが、法人向けモデルは仕事に不要なソフトウェアは付属しません。その代わりに法人向けモデルはセキュリティを重視した指紋センサーや静脈センサーを搭載したものや耐久性の高いものなどが見られます。

職業でパソコンを選ぶ

オフィス関連の職場に高性能なパソコンを導入しても性能を活かしきれませんし、1台あたりの導入コストは高くなります。オフィス関連の職場なら、コアはCeleronかi3程度のもので十分足りることでしょう。このくらいの性能だとオフィスソフト無しで1台5万円前後に収められます。高性能なパソコンが必要になるグラフィック関連の職場ではコアi7、SSD搭載、メモリ8GB以上、グラフィックボードはできるだけ良いもので揃えたいです。この性能になると12万円以上になりますが、仕事にクオリティが求められるのでお金の出し惜しみはしないほうがよいでしょう。

パソコンの種類は様々

職場のパソコンでも、自宅に持ち帰って仕事ができるようにノートパソコンやタブレット型パソコンを採用する会社があります。ノートパソコンは古くから知られていますが、タブレット型パソコンはタブレットにもパソコンにもなる2in1形式を採用した新しいモデルです。液晶部分を取り外してタブレット端末のように扱うことができます。タブレット型パソコンは外出先で利用しやすく、ノートパソコンよりも軽量で持ち運びやすいことが魅力です。

ビジネスパソコンはOSの更新や故障トラブルが多いので、リースにすることでスムーズに問題や不明点が解決します。アドバイスや修理作業を代行してくれるからです。