法人向けパソコンの選び方!BTOやメーカー製って?

法人向けパソコンを選ぶにあたってまずはじめに

法人向けパソコンと一概に言っても様々な種類があるのはご存知でしょうか。ここではそんな法人向けパソコンの選び方について、メーカー製とBTOの二種類に分けてお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

メーカー製パソコンって?メリットは?

メーカー製パソコンとは、大手メーカーが販売するパソコンのことを指します。

このパソコンのメリットは、店頭で実物を見ながら選べることやデザイン性が高いこと、さらには保険などアフターケアが丁寧な傾向にあるという点があります。また小型ノートパソコンの選択肢も広く、持ち運びに適した型が多いのもこのメーカー製パソコンならではのメリットです。

BTOパソコンって?メリットは?

BTOパソコンとは、オーダーメイドでパソコンを注文するパソコンのことを指します。

BTOパソコンのメリットは、顧客一人一人に合わせたカスタムができることや、比較的安価で性能が高いという点が挙げられます。また、メンテナンスも比較的やりやすいといえるでしょう。

メーカー製とBTOどっちがいいの?

では、メーカー製とBTOはどちらが良いのでしょうか。といっても、どちらにも良さがあり一概にどっちがいいと判断することはできません。そのため、パソコンを選ぶにあたっては購入検討者自身の要望と照らし合わせながら選択肢を探ることが重要になります。また、購入でなくともパソコンをリースするという手段もあります。どれが自身のニーズに最も合っているか、パソコンに目を向けるだけでなく、自身にも目を向ける必要があるのではないでしょうか。

BTO(BuildToOrder)とは受注生産の略です。顧客の要望に応じた商品を注文を受けてから生産する事をさします。顧客のニーズに合わせたサイズや仕様で受注生産しています。